同朋大学 教員情報   
     


  センガ ノリフミ
  千賀 則史   社会福祉学部 社会福祉学科   准教授
■ 標題
  大学におけるハラスメント事例への相談援助プロセスに関する質的研究
■ 概要
  大学のハラスメント事例への相談援助プロセスにおける臨床心理学的な視点の意義について考察することを目的とした。大学のハラスメント相談員にインタビュー調査を実施し、得られたデータは複線径路・等至性モデル (TEM) による分析を行い、ハラスメント救済制度を利用する事例の援助プロセスをモデル化した。本研究より、大学におけるハラスメント相談では、カウンセリングの基本的な態度が援助の土台になっていることが示唆された。
   共著   心理臨床学研究   pp.503-509   2019/12


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.