同朋大学 教員情報   
     


  センガ ノリフミ
  千賀 則史   社会福祉学部 社会福祉学科   准教授
■ 標題
  発達障害者の「障害」観の変容プロセスについて 生きづらさを抱く人に必要な「場」について考える
■ 概要
  インタビュー調査を通して、発達障害者の「障害」観の変容プロセスを明らかにし、生きづらさを抱く人に必要な「場」を検討することを目的とし、質的研究法である複線径路等至性アプローチ(TEA)によってモデルを構築した。本研究より、「被支援者-支援者」関係を超えた「新たな社会的絆の創成」を目指し共に試行錯誤できる「場」が必要であることが示唆された。
   共著   臨床心理学   pp.731-740   2021/11


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.