同朋大学 教員情報   
     


  イトウ エシン
  伊東 恵深   文学部 仏教学科   准教授
■ 標題
  真宗大綱
   曽我量深講義録 下
■ 概要
  本書は、上巻に引き続いて、昭和38年(1963年)、同じく大谷大学大学院で一年間行われた曽我量深の講義を、録音テープから起こして成文化した講義録である。
全19講からなり、「真宗大綱」という課題のもと、本願・念仏・信心・成仏など、浄土真宗の要綱が多岐にわたって展開しているが、しかしその全体を通して、浄土真宗の眼目である本願の第十八願とその本願成就文との呼応関係について、綿密に尋ね当てられている。
また、法然の『選択本願念仏集』と親鸞の『教行信証』が担った思想課題の相違についても深く言及されている。巻末にいは「曽我量深略年譜」のほかに、編者による「解説」「編集後記」などを収載してる。
[A5版、全344頁]
本人編集担当:1~344頁
「曽我量深略年譜」執筆:270~271頁(解説を含む)「編集後記」執筆:337~344頁
   共著   春秋社   2011/03


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.