同朋大学 教員情報   
     


  イトウ エシン
  伊東 恵深   文学部 仏教学科   准教授
■ 標題
  「行者のはらかい」考
■ 概要
  阿弥陀の本願を信受していく上で、衆生において一番の問題となるのが自力の執心、すなわち行者のはからいである。そこで本稿では、「行者のはからい」とは一体何であるか、またそれを超克するために、われわれはどうすればいいのか、その内実と道程について推究した。
 そこで明らかになったことは、「行者のはからい」を超克する道とは、本願の教えに徹底して自力無効のわが身であることを信知せしめられ、阿弥陀の本願を一心に信受するところに、自ずと開示されてくる歩みであるということであった。
[A5判、全 220頁]
   単著   『同朋大學論叢』   同朋大学同朋学会   第100号   pp.21-35   2016/03


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.