同朋大学 教員情報   
     


  イトウ エシン
  伊東 恵深   文学部 仏教学科   准教授
■ 標題
  親鸞の浄土観―仏土開顕の思想的課題―
(博士論文)
■ 概要
  本論文の主題は、親鸞における浄土の開顕ということがいかなる思想的課題を担っているのかということ、すなわち、仏土に真仮を分判することの必然性とその意義を、『教行信証』の仏土の巻を通して究明することにある。
 親鸞における仏土開顕の思想的課題とは、仏土に「真仏土」と「化身土」の差異があるということの根源に、衆生の信心に純・不純の問題があるということを明らかにし、自己の内心に潜む自力の執心を批判して、真実の信心を覚知せしめようとすることにあった。すなわち、われわれ衆生の不純粋な信心に開かれる方便化土の内景を究明することによって、一切の群萌を真実報土に帰入せしめようとするのである。
[A4片面判、全115頁]
   単著   大谷大学   2007/03


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.