同朋大学 教員情報   
     


  イトウ エシン
  伊東 恵深   文学部 仏教学科   准教授
■ 標題
  他力門仏教の再構築―清沢満之「他力門哲学骸骨試稿」の思想的意義―
(擬講論文〔真宗大谷派学階論文〕)
■ 概要
  本論文の目的は、清沢満之の初期の論考の中でも、これまであまり注目されてこなかった「他力門哲学骸骨試稿」の精読を通して、その思想的意義について考究することである。
 「他力門哲学骸骨試稿」は、浄土真宗の思想(他力門哲学)の骨格(骸骨)を哲学的に解明しようとする著作であり、清沢における親鸞思想の受容と展開を端的に窺うことができる論考である。清沢は「他力門哲学骸骨試稿」での推究を通して、仏教の思想、なかでも親鸞が開顕した本願他力の信念を、論理的に再構築することによって、その本質を普遍的真理として顕揚しようと試みていたのである。
 上記の内実を、「他力門哲学骸骨試稿」の記述はもとより、当時の清沢が置かれていた思想的状況や歴史的背景も視野に入れながら推究を行った。
[A4片面判、全101頁]
   単著   真宗大谷派   2007/06


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.