同朋大学 教員情報   
     


  イトウ エシン
  伊東 恵深   文学部 仏教学科   准教授
■ 標題
  他力門仏教の再構築―清沢満之「他力門哲学骸骨試稿」の思想的意義―
■ 概要
  清沢満之は、明治期までの封建的社会体制の中で矮小化され習俗化していた親鸞思想を、西洋哲学の用語を用いて論理的に再構成することによって、一切の有限存在が平等に摂取・救済されていく他力門の行道を開顕しようとした。本稿では、清沢のその願いと方向を、他力門仏教の教理を究明した「他力門哲学骸骨試稿」に尋ね当てている。
[A5判、全281頁]
   単著   『現代と親鸞』   親鸞仏教センター   第14号   pp.2-25   2008/03


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.