同朋大学 教員情報   
     


  ハヤシ ユウスケ
  林 祐介   社会福祉学部 社会福祉学科   講師
■ 標題
  患者と家族の退院先に関する意向調整・支援の研究上の課題—医療・福祉現場における意思決定・自己決定支援についての文献検討を踏まえて
■ 概要
  文献検討を通じて、医療・福祉現場における意思決定・自己決定(支援)の動向、および医療現場における患者と家族の退院先に関する意向調整・支援の研究上の課題を示した。本論文でみえてきた研究上の課題は、以下の3点である。①従来のソーシャルワークの理論と現実の乖離を埋めるような、わが国の医療現場に即した実証的な研究を行うこと。②患者と家族の退院先の意向がどのような時に一致するのか、または一致しないのか、心理的・社会的要因を含めた総合的な研究を行うこと。③患者と家族の退院先の意向を検討するにあたっては、家族形態や患者と家族の関係をより深く捉えた研究を行うこと。今後は、①~③の課題を踏まえつつ、これらの課題を克服・達成するための調査研究の実施が望まれる。
   単著   医療と福祉   日本医療社会福祉協会   第52巻1号   pp.40-47   2018/08


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.