同朋大学 教員情報   
     


  ハヤシ ユウスケ
  林 祐介   社会福祉学部 社会福祉学科   講師
■ 標題
  MSWによる療養型病院・施設への転院阻害要因を有する患者の早期把握とその効果
■ 概要
  医療ソーシャルワーカー(以下、MSW)である筆者らが転院阻害要因の早期把握に向けた取り組み(毎朝の申し送り・カンファレンスに参加する中での積極的な情報収集)を行い、得られた結果は以下の2点であったとしている。①MSWによる転院阻害要因の早期把握に向けた取り組みを行うことで、MSWの阻害要因の早期把握率がアップする。②MSWによる転院阻害要因の早期把握に向けた取り組みを行うことで、患者もしくは家族の第1希望の転院先へ移れる割合が高まる。 ①②より、転院阻害要因を有する患者の早期把握の必要性が示されたと結論づけている。
   単著   病院   医学書院   第69巻9号   pp.722-724   2010/09


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.