同朋大学 教員情報   
     


  ハヤシ ユウスケ
  林 祐介   社会福祉学部 社会福祉学科   講師
■ 標題
  療養型病院・施設への転院阻害要因がもたらす困難性の定量化の試み
■ 概要
  転院阻害要因による困難性を定量化することを目的に、カルテ・ソーシャルワーク記録を用いた量的調査を行い、以下の2点を示している。①転院阻害要因を有する患者は、阻害要因を有しない患者と比べると、医師が転院を指示してから転院までに時間を要する。②転院阻害要因を有する患者は、阻害要因を有しない患者と比べると、希望した転院先へ移ることができていない。①②より、転院阻害要因を有する患者は、転院先より受け入れを断られやすかったり、受け入れ人数が制限されたりしているために、転院までに時間を要しやすく、その結果、第1希望の転院先へ移れない割合が高くなると結論づけている。
   単著   医療と福祉   日本医療社会事業協会   第44巻1号   pp.75-79   2010/10


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.