同朋大学 教員情報   
     


  イノウエ カオル
  井上 薫   社会福祉学部 社会福祉学科   教授
■ 標題
  児童虐待および対策の実態把握に関する研究:総括研究報告書、児童虐待全国実態調査
1.虐待発生と対応の実態
■ 概要
  日本における児童虐待の発生と対策の実態把握を目的として、福祉、保健、医療、教育、司法、警察、民間の関連領域の協力のもとに、複数地域の関係機関の悉皆的調査と主な機関の全国調査を郵送法で行い、平成12年度に把握された家庭内虐待事例数を明らかにした。
社会的介入を要する児童虐待の発生件数は3万5千人、0~17歳1000人中1.54人と推定され、子どもに関わる多くの機関が各機関の特性を生かして虐待の発見から、処遇、治療・ケアを行なっている実態が明らかになった。
A4判 全25頁
本人担当部分:名古屋市調査責任者として、名古屋市を対象地域とした調査を実施・分析。
   共著   平成13年度厚生科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)研究報告書   2002/03


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.