同朋大学 教員情報   
     


  イノウエ カオル
  井上 薫   社会福祉学部 社会福祉学科   教授
■ 標題
  児童虐待の再発防止のための親教育プログラムに関する研究
■ 概要
  児童虐待の再発防止のために、親とのパートナーシップに基づくケースマネジメント手法であるサインズ・オブ・セイフティ・アプローチを取り入れ、親の動機づけやニーズを重視する個別親教育プログラムを開発する。その際、プログラムに対する親の評価や、プログラム実施前後の親の変化、家庭状況の変化を測定することによって、プログラムの効果を測定し、プログラムを改良する。

本人担当部分:
(1)第2部第3章「「ことばと絵」を使って、虐待の経過と安全な生活作りを共有するストーリーを作る」を共著
(2)第2部第4章「家族応援会議」を共著
(3)第2部第5章「プログラムの実施手順と評価」を共著
(4)第2部第6章「サインズ・オブ・セイフティによる家族との関係づくり」を単著
(5)第3部第4章「「ことばと絵」を用いて安全プラン作りを行った事例」を共著
(6)第3部第5章「家族応援会議で家庭復帰後の生活を話し合った事例」を共著
(7)第3部第6章「親が子どもの理解を深めるための支援を行った事例」を共著
(8)第3部第7章「「三つの家」を用いてライフストーリーを共有した事例」を共著
   共著   平成18・19年度科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書   研究代表者井上直美、研究課題番号18530551   2008/03


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.