同朋大学 教員情報   
     


  イシカワ ヨウコ
  石川 洋子   文学部 人文学科   特別任用教授
■ 標題
  庄内藩「致道館」における『論語』の訓読について
■ 概要
  庄内藩(山形県鶴岡市)の藩校「致道館」における訓読法について論じた。
前半は庄内藩「致道館」について調査報告し、後半は資料「致道館本鳴鳳訓点」の訓読についてまとめた。
今回の調査では、従来の資料調査の他に、酒井忠治氏(財団法人致道博物館常務理事、旧庄内藩主酒井家18代当主酒井忠久氏の叔父)による素読も取り入れた。江戸時代より伝えられた酒井氏による「致道館」の素読は「致道館本鳴鳳訓点」を明らかにする上でたいへん貴重なものである。
江戸時代を通じて、多くの漢学者によって様々な訓読法が工夫されたことはよく知られているが、庄内藩の訓読もやはりその一つに連なるものであることがこの調査によって明らかとなった。
   単著   閲蔵   同朋大学大学院   第6号   pp.1-23   2010/12


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.