同朋大学 教員情報   
     


  コジマ サトアキ
  小島 惠昭   社会福祉学部 社会福祉学科   特別任用教授
■ 標題
  建長四年の造悪無碍の社会的背景
■ 概要
  建長四年にはじまる造悪無碍をめぐる問題を、初期真宗教団の異義・異端の問題としてよりもむしろその当時の社会的問題として捉え直し、常陸の在地支配者の宗教受容をさぐり、ついで在地支配者の棟梁たる鎌倉幕府の政治理念をさぐった結果、政治支配者の戒律思想受容が原因となって、専修念仏者の行動が造悪無碍として問題視されたことを明らかにした。A5判
   単著   『真宗教学研究』   真宗同学会編   第8号   pp.73-81   1984/11


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.