同朋大学 教員情報   
     


  ハットリ ヒトシ
  服部 仁   文学部 人文学科   特別任用教授
■ 標題
  「国芳画八代目市川団十郎死絵」
■ 概要
  八代目市川団十郎は、嘉永七年(1854)8月6日朝、滞在先の大坂島之内の旅館植久において、自害した。その理由は、よく分からない。八代目の人気は大変なものであったので、300種を越える死絵(追善絵)が出版されたが、その中でも代表的な死絵について、解題、翻刻をした。従来、よく紹介されてきたものではあるが、画中の手向けの句や歌が翻刻されることはなかったので、紹介してみた。
   単著   『江戸書物の世界雲英文庫を中心にたどる』   笠間書院刊   pp.798-804   2010/10


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.