同朋大学 教員情報   
     


  ハットリ ヒトシ
  服部 仁   文学部 人文学科   特別任用教授
■ 標題
  「洒落本の外縁―南畝遺稿詩歌帖『清好帖』から『南畝帖』へ―」
■ 概要
  大田南畝の遺稿の詩歌帖である『清好帖』の出板事情と、再板以降の書名変更等の問題について検討してみた。まず、『清好帖』所載の詩歌の出典を調べ、次に『清好帖』及び『南畝帖』諸本の書誌を調査してみた。その結果、『清好帖』のみが私家板であり、他の『南畝帖』には書肆秋田屋太右衛門が介在して販売されていたことが、判明した。そして、南畝は『蜀山百首』出板後も、それに手を加えていたのであろうと推測した。
   単著   『國語と國文學』   東京大学国語国文学会   第66巻11号   pp.107-122   1989/11


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.