同朋大学 教員情報   
     


  ハットリ ヒトシ
  服部 仁   文学部 人文学科   特別任用教授
■ 標題
  「読本鈔録合巻の実相(上)―読本『墨田川梅柳新書』変じて合巻『花蓑笠梅雅物語』となる―」
■ 概要
  『花蓑笠梅雅物語』(楽亭西馬作、一雄斎国輝等画、初~五編十冊、嘉永六年~安政三年刊)という合巻は、『墨田川梅柳新書』(曲亭馬琴作、葛飾北斎画、六巻六冊、文化四年刊)という読本を草双紙化したものである。このように過去の読本の名作を改作して合巻にするという、こうした類の合巻がどのような状況、環境によって登場したのか、或いは登場せざるを得なかったのか、その必然性について検証、考察してみた。
   単著   『讀本研究』   広島文教女子大学研究出版委員会『讀本研究』編集部   第五輯上套   pp.192-218   1991/09


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.