同朋大学 教員情報   
     


  ハットリ ヒトシ
  服部 仁   文学部 人文学科   特別任用教授
■ 標題
  「特集・読本研究の50年と今後」
■ 概要
  読本がどのように享受されたか、ということについて多方面から見てみた。まず読本書目の『増補外題鑑』が、貸本屋が貸本屋のために作ったものであると推測した。次に『貸本競』と題する相撲見立番付を概観した。そして最後に、『殺報伝記』と題する説教台本が、実録『殺報転輪』と読本『絵本伊賀越孝勇伝』とを取り混ぜて作られたものであり、こうした読本の享受もあったということを指摘した。
   単著   『讀本研究』   広島文教女子大学研究出版委員会『讀本研究』編集部   第九輯   pp.82-88   1995/10


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.