同朋大学 教員情報   
     


  ハットリ ヒトシ
  服部 仁   文学部 人文学科   特別任用教授
■ 標題
  「柳川重信の刷物と『八犬伝』の表紙」
■ 概要
  初代柳川重信が描いた、犬張子の背に袋守りの模様がついている文政九年丙戌(1826)正月の狂歌刷物が存在する。この直近に出版された『八犬伝』は、文政六年正月に出た第五輯であり(柳川重信・渓斎英泉画)その表紙の図柄も戌張子の背に袋守りがついている。つまり柳川重信は、今、世間で評判の『八犬伝』の表紙や口画、挿画を描いているのは俺だよと、この狂歌刷物で暗に誇っているのだと憶測する。そしてこのことから、当時の読本の表紙をデザインしていたのは、その作品の画師であるとした。
   単著   『東海近世』   東海近世文学会   第14号   pp.64-70   2004/12


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.