同朋大学 教員情報   
     


  イトウ マリコ
  伊東 眞理子   社会福祉学部 社会福祉学科   特別任用教授
■ 標題
  「アメリカにおける高齢者の居住問題 ―長期介護付き退職者コミュニティ(CCRC)を中心として」
■ 概要
  昨年短期留学した、アメリカにおける高齢者の居住形態の分類法について述べ、従来の在宅か施設かから、年齢混在型か年齢分住型か、また、援助の大小によるスペクトル型配列による分類まで紹介し、中でも、アメリカで最も脚光をあびている長期介護付き退職者コミュニティ(CCRC)に焦点を当て、考察した。
第1章においては、CCRCとは何かとして、先ずCCRCの概念規定を述べ、その発展の経過と背景を「ゲットーからパラダイスへの歴史」として論じた。第2章においては、年齢分住型居住形態の利点と不利点について、その典型的施設であるCCRCを主題として検討を加えた。第3章においては、フロリダ大学が行なった、CCRCの入居者へのQOL(生活の質)の調査から、年齢分住型居住形態入居者の生活満足度に影響を与える諸要因(1)健康の自己評価、(2)実際の時間の使い方と希望する時間の使い方、(3)経済的満足、(4)社会的活動、(5)その他の要因の分析から、これらがどのような影響を、施設入居者の生活の質に与えているのかをモデルで示した。第4章においては、世界的視野の中から、アメリカにおけるこのCCRC増加現象について論じた。
〔23頁〕
   単著   『同朋論叢』   第74,75合併号   1996/10


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.