同朋大学 教員情報   
     


  イトウ マリコ
  伊東 眞理子   社会福祉学部 社会福祉学科   特別任用教授
■ 標題
  『長寿社会と都市』 ―ゆとりと豊かさを実感出来る街づくり―
■ 概要
  都市自治体は、長寿社会に対応して自ら施策を推進すると共に、市民、家族、地域の取り組みや意識革命を側面から支援していく必要がある。地方分権が今日的な課題となっているが、こうした地域住民の生活に密着したサービスほど、住民に身近な基礎的自治体である市町村が、その需要を見出し、それに対応したサービス供給や支援のあり方を検討する必要がある。これらの事を踏まえて、明るい長寿社会を築くため自治体や地域住民はどのような役割をはたしていくべきかを中心にまとめている。
 B5版 全80頁 
今後、21世紀に大量の高齢者が生まれる。その都市における高齢者対策を、健康(元気)高齢者対策と不健康(要支援・介護)高齢者対策とに分類し、行政が今後どのような方向を目指すべきか、その問題点を詳細かつ綿密に述べ対策を明示した。   〔総6頁〕
   共著   第60回全国都市問題会議   平成10年度版   pp.26-31   1998/10


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.