同朋大学 教員情報   
     


  メグロ タツヤ
  目黒 達哉   社会福祉学部 社会福祉学科   教授
■ 標題
  新時代の保育双書
保育者が学ぶ精神保健
■ 概要
  ①第9章精神保健と保育の実際 1.集団保育の場における心のケア(分担執筆部分)
本稿では登園渋り、緘目、乱暴、表情が乏しい子など事例を交えながら、具体的に保育場面において、保育者が子どもの心のサインをどのように受けとめ、どのようにかかわって行けばよいのかについて述べた。(p123~p132)
②第11章保育者の精神保健 2.保育職場での精神保健
急激なスピードで変化していく社会環境や人間関係、家族関係のなかで行う保育者の役割は、未来ある乳幼児の心身の成長を健全な方向に促すとともに保護者の支援、地域等の支援等子どもを取り巻く多くの人々への支援や協力も重要な役割となっている。それには保育者自身が自覚を持ち、日々の自己研鑽や普段の心身の健康維持と安定を図ることが要求されることを述べた。
   共著   平松芳樹・池田勝昭編   (株)みらい   pp.123-132,163-172   2007/04


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.