同朋大学 教員情報   
     


  タシロ シュンコウ
  田代 俊孝   文学研究科 博士前期課程・仏教文化専攻   客員教授
■ 標題
  親鸞の生と死 -デス・エデュケーションの立場から-
■ 概要
  現代社会における生命のモノ化、死のタブー視から問題提起し、浄土教における死の受容と超越を釈尊の根本仏教から、曇鸞、善導、源信、源空、そして親鸞への思想史の上で確認。特に、無生無滅の 自覚を悟りの内容とする仏教の生命観、生死観を詳述。また、その具体的な自覚の在り方を蓮如清沢滿之、さらに現代の死をこえていった念仏者の上に見る。(総275頁)
   単著   法蔵館   1989/09


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.