同朋大学 教員情報   
     


  タシロ シュンコウ
  田代 俊孝   文学研究科 博士後期課程・仏教文化専攻   客員教授
■ 標題
  増補 親鸞の生と死 -デス・エデュケーションの立場から-(親鸞浄土教における死の受容と超越)
■ 概要
  根本仏教から親鸞にいたる竜樹、天親、曇鸞、善導、源信、法然の思想を死の受容と超越という視点で丹念に問い直し、それが親鸞思想の中でどのように展開し深められたかを考察した。さらに、親鸞の教行信証を軸に人間にとって死を主体的、実存的に受けとめて行く方途を問い、その具体的種々相を蓮如と清沢満之の上に訪ねた。今日のビハーラ運動の根本原理を著したものである。(総421頁)本書は大谷大学への学位(博士)請求論文を刊行したものである。(学位取得日平成16年3月19日)
   単著   法蔵館   2004/06


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.