同朋大学 教員情報   
     


  タシロ シュンコウ
  田代 俊孝   文学研究科 博士後期課程・仏教文化専攻   客員教授
■ 標題
  「選択」から「唯信」への思想的展開
■ 概要
  法然の『選択本願念仏集』に見られる選択思想が、直接、親鸞に伝承されたとの一般的な見方に対し疑問を呈し、その間に、聖覚の『唯信鈔』があることを提示、親鸞の思想が、ことさら信心を問題にしている点、さらに、それが、第十七、十八、二願分相の立場を取っている点から、その立場が聖覚の『唯信鈔』によっていることを論述。
   単著   『印度学仏教学研究』   日本印度学仏教学会   第27巻1号   pp.150-151   1978/12


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.