同朋大学 教員情報   
     


  タシロ シュンコウ
  田代 俊孝   文学研究科 博士前期課程・仏教文化専攻   客員教授
■ 標題
  親鸞教学の生成をめぐる一視点 -隆寛の三心釈領解を中心として-
■ 概要
  法然から親鸞へと思想的に展開する中で隆寛のおよぼした思想的影響を、特に、三心釈領解の上で解明。特に『教行信証』及び『愚禿鈔』では、善導の『観経疏』の文が独自の立場で読みかえられて、利他三心、自利三心が示されている。しかし、その領解法そのものが、すでに隆寛によってなされており、隆寛は親鸞に先だって同様の読みかえをしている。この点を研究し詳論。
   単著   『親鸞教学』   大谷大学真宗学会   第35号   pp.69-81   1979/11


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.