同朋大学 教員情報   
     


  タシロ シュンコウ
  田代 俊孝   文学研究科 博士後期課程・仏教文化専攻   客員教授
■ 標題
  真門における「行」・「信」の意義
■ 概要
  親鸞の立場における二十願、真門の持つ意義を検討。自己の巧利と打算にとらわれ、自力の執心に立つものが二十願果遂の願によって「真如の門」に転入して行く論理を解明。特に、それが、方便としての働きをなし、親鸞思想の特色となっていることを提示した。
   単著   『真宗研究』   真宗連合学会   第25輯   pp.14-27   1981/03


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.