同朋大学 教員情報   
     


  タシロ シュンコウ
  田代 俊孝   文学研究科 博士前期課程・仏教文化専攻   客員教授
■ 標題
  「信能入」と「疑所止」の往生論 -源信・源空・親鸞の教系から-
■ 概要
  法然における念仏為本を相乗した親鸞は、その立場に立ってさらに信の徹底をはかった。その源泉が源信の『往生要集』の報化二土論にあり、そこから親鸞の信疑論が展開していることを論じた。
(査読済)
   単著   『東海仏教』   51輯   pp.1-10   2006/03


Copyright (C) DOHO University, All rights reserved.